今年の幹部合宿は、第14期の総ざらい、第15期の行動計画を立てる過程で何がどこまで進んでいるのかを確認する事が焦点となりました。

SPは、「足場固めの過程を活かす」

第14期は「武器を持て!未来に向けて!」というスローガンのもと、第20期に向けた、足場固めをというコンセプトで進めてきました。
無論、売上目標は必達。足元をしっかり見て、行動に移し結果を出しつつ、先の事も見据えながら、計画をたてて更に実行に移していく。
この「行動」、「結果」、「計画」、「実行」のキーワードを巧く繋げ、回転させてブラッシュアップし目標に近づけていくのですが、計画通りに行かない事も多々ある中で、シュミレーションが如何に大事かを思い知らされた期となったのです。

大きなポイントとしては、新しく導入するシステムへの移行、人材確保、雇用転換などですが、限られた時間の中で、コミュニケーションを取りながら、情報共有し、ヒト、モノ、カネを活かして、これに対応していかねばなりません。
そこで、新しい事を進めていくには、固定概念が邪魔になったり、逆に思いばかりが膨らんで、目的を見失ったりしますが、今期は、この反省が先走る事を抑え、問題を先送りする事無く、一歩ずつ進める事ができました。

来期第15期は、第20期へ向けた足場固めを進める2期目。この反省しきりとなった過程を活かし、そして更に実行と、検証を重ねて、目標達成に向かって邁進して参ります。

第14期は本当にありがとうございました。第15期もよろしくお願いします。

≪8月に行われた幹部合宿にて≫