Yearly Archives: 2017

SP:見直す

従業員総会で発表された今期スローガン「武器をもて!!未来に向けて!!」(Have a StrongPoint.For the Future.)
これは、第20期まで見据えた社内整備、組織改革、個々の成長を図る為の様々な取組を施していくという意味が込めれています。

今回のSPは、「見直す」
そこで今期に入り、まず最初に取り組まれているのが人材サービス事業の全体的なシステム見直しです。
基幹システム、スタッフのシフト管理、社内の情報共有ツールからグループウェアへ等々。
今まで当たり前に使っていたもの、これはこういうものなんだという認識で使用されていたもの、そういった固定概念を払拭し、全て「なぜ?」という考えから入り、様々な製品の情報やツールを、沢山の可能性から洗い出しています。

PC

今回はシステムの導入検討に伴い、プロジェクトチームを編成し、人材コーディネート、経理(勤怠管理)、総務と各方面のフロー管理担当が各自で操作感を確認し検証。
そこで、出てくるのがやはり固定概念という厄介者なのですが、そこはプロジェクトチームで動いている強みと利点が活きてきます。
どうしても、今までの流れを基本に考えてしまって、いろんな問題点が出てきますが、「フローを、こう変えれば解消できるんじゃない?」という言葉に救われたりします。
しかし、今度はそのシステムから作られるフローをどうスタッフにやらせるか、どう指示して動かしていくか、システムと同時にフローを変えていくわけですから、もちろん業務効率化に繋がります。
そこで生まれる時間的な余裕や、手間の軽減、空いた「手」をどう活用するか。
そこまで考えて、システムを吟味し、コストを意識しながら検証しなければならないのです。

ここまでの間に、プロジェクトチームの面々は、今まで培ってきた経験を基に作り上げてきた業務フローにおいて、まだまだ改善の余地がある事を沢山認識できています。
如何にこの「見直す」という事が大切なのか。

今回の検討導入で生まれるたくさんの事がPATに関わる全ての方にサービスとして還元できるよう、しっかり対応を進めてまいります。

 

MVP受賞者発表!!

  • 2017年12月2日
  • MVP

スタッフの皆さん、こんにちは。
早いもので今年も残すところあと1ヶ月をきりました。
悔いの残らぬよう、最後まで気を抜かず過ごしていきたいですね。
そして新年元気に顔を合わせられるよう、お互い体調管理にも気をつけましょう!

それでは、MVP受賞者の発表へとうつります。
今回、見事MVPに選ばれたのは!!

U16724 屋田さんです!

以下、推薦者宮澤のコメントです。

「屋田さんは、さいたま市の請負先である物流センターで日々大活躍してくれているスタッフです。
大活躍してくれている屋田さんの主な仕事は早朝からデバンニングと呼ばれる、きついコンテナ荷下ろしから始まり、飲料&食品の仕分け/検品出荷作業/等をメインに作業をしています。

屋田さんに私が日々感謝している事がそのままMVP選出理由になりました。
内容は下記の3つです!

①責任感のある仕事style!
任された仕事に対し、ルール/確認を遵守し持ち前の高いクオリティで仕事をこなす姿は、日々感謝してます。

②報連相に重点をおいた仕事style!
現場状況/商品の管理等に異変があると逸早く気付き、報連相してくるので実際助けられた事がいっぱいあります。

③チームを意識した仕事style!
リフトマンがやって欲しい事を、率先して作業をしたり、作業が遅れてる箇所に素早く入り込みフォローしてくれるので頼り甲斐のある存在です。

私が約3年前にPATにスタッフとして入った時に基本を教えてくれた初期メンバーの1人でもある屋田さん。
早朝に東京からさいたま市まで自転車で通勤している屋田さんはまさにレジェンドです!

これからも一緒に現場を盛り上げて行きましょう!
いつもありがとうございます!」

≪左側が屋田さん。渡部さんと一緒に≫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SP:戦力強化

PATは今期の行動計画に沿って、第14期が既にスタートしています。
今期に突入するにあたり、社内では人事異動がありました。

ストロングポイントは「戦力強化」

人事異動では、様々な動きがありましたが、現場管理業務から本社に「戻ってきた」社員がいます。
以前は本社勤務でありましたが、当時の組織強化と現場体制の管理強化が急務な状況から、取引先の物流センターへ現場管理社員として配属されました。
そこから五年半。彼は作業上のスタッフ配置、勤怠管理等を主に行う中で、スタッフとのコミュニーケーションを積極的に取って行きました。
この現場は、取扱商品の種類も多く、大小様々な倉庫に分かれている中で、スタッフが対応する業務もピッキング、検品、出荷、入庫、コンテナからの荷下ろし、フォークリフトオペレーターに至るまで。持ち前の落ち着いた雰囲気から時折ビシッと来る指摘だったり、そう思えば自らフォークリフトを運転し、人が足らなければコンテナ荷下ろしもフォローに入る。
現場の人間と一緒に汗をかいて、事に落ち着いて対応するその姿に、スタッフは自分が安心して作業に打ち込める環境となった印象をつくり、それまで出入りが多かったスタッフの定着率が、格段に良くなっていきました。

その一方、人材管理課では取引社数が増え、それに伴う依頼増から根本的な組織体制の強化を図らなければならず、幹部会議で一番に名前が挙がったのが、彼でした。

admin-ajax

その彼とは、山本将也です!!

本人にそのことを告げ、本人もこれから自身の成長を胸に膨らませ、本社異動となりました。
もちろん、クライアントから絶大の信頼を得ていたので、先方担当からも惜しまれましたが、PATの組織強化と彼の今後の成長に大きく関わる人事だと相談させて頂き、快く送り出していただけました。

配属となった人材管理課では、周囲の課員とコミュニケーションを取りながら、実業務のカンを取り戻しつつ徐々にその頭角を表しつつあります。
あ、そういえば、彼は新婚で公私ともにものすごく充実しているはず(笑

営業力、対応力、人材サービスを営む上での様々な知識など、彼にはまだやらなければならない事がたくさんあります。
しかし現場管理で培ったノウハウがそれに積み重ねられる事は、この上ない戦力強化に繋がります。
サービス向上に繋がる足場固めを更に進めてまいります!!

MVP受賞者発表!!

スタッフの皆さん、こんにちは。
先日関東に木枯らし1号が吹きましたね。
風邪も流行る時期になるので、しっかり対策をして体調万全をキープしたいものです。
今年もあと2ヶ月(早いですね・・・)、元気に過ごして行きましょう!!

それでは、今回のMVP受賞者発表にうつります。
見事、MVPを受賞したのは!!!

U7458和久井さんと、U12463郷間さんのお二人です!
以下、推薦者山本のコメントです。

「今回、私がMVPに選出させていただいたのは、7458和久井さん、12463郷間さんです!
私事ではありますが、9月より今まで5年半現場管理をしていた、埼玉の物流倉庫から、渋谷本社へ異動になりました。
和久井さんと郷間さんは現在その物流倉庫で、レギュラーとして勤務されています。

2人の仕事はエアー便と呼ばれる、海外からの入庫品を仕分ける作業が主です。
和久井さんは、私が現場管理する前からここで勤務しているベテランスタッフです。
常に沈着冷静で、機転が利き、商品知識、パレットへの商品の積み方、細かいところまで目配りが出来ます。

郷間さんもレギュラーとしては長く勤務している方で、たびたび応援として、デバンと呼ばれる荷下ろし作業を手伝ってもらうのですが、作業がとても早く、新人のスタッフさんが来たら優しく、丁寧にフォローしてくれます。

私も一緒に作業する事が何度かあったのですが、2人の能力の高さには大変感服しました。
お客様からも信頼され、いつも頼もしく、欠かせない存在です。

本当に感謝の気持ちしかありません。
この場を借りて、今まで、ありがとうございました!
そして、これからもよろしくお願いします。
これから寒い時期になりますが、頑張りましょう!」

IMG_1028

≪中央:和久井さん、右:郷間さん≫

SP:未来に向けて、やるべき事

株式会社パットコーポレーションは第14期を迎え、先日9月10日に、「PAT従業員総会2017」が開催されました。

今回のSPは「未来に向けて、やるべき事」

第14期より、人材サービス事業部、子育て支援事業部ともに組織変更や人事異動があり、第14期の事業計画発表もそれに伴い行われました。
厳しい状況となった第12期の実績から、第13期はその雪辱を晴らす結果となり、会社全体も上昇気流に乗った勢いが付きました。
しかしその一方、各部署共に外部からの定期調査や、監査をうけ、業務に対する姿勢や、取り組み内容は評価を頂けるものの、社内整備を敢行しなければならない状況や修正が必要な細かい点が浮き彫りとなりました。
そして、PAT起業から13年たった今、以来そのままの業務フローやシステム等、いくつかの修正も必要な岐路に立たされています。
これから迎えるであろう各業界の様々な変化や進化に対応できるような足場固めが必要と判断し、我々が持つストロングポイントを更に強固なものとする為の行動を取っていく事となりました。

第13期のスローガンは「プロであれ!」でした。
お客様に常に感謝される為に、様々な知識やノウハウ、相手に対する思いやりを持ったプロでなければならないというものでした。
第14期からは、その思いや姿勢は決して忘れず、新たなスローガンが打ち出されました。

第14期スローガン

「武器を持て!未来に向けて!」

我々が今、やるべき事は、もちろん目標は必達である上でこれから更に厳しく変化していくであろう、様々な状況に皆が個々の強み=ストロングポイントを活かして、乗り越えていく、武器を持っていない者は、武器を持つための必要な行動を取っていく、社内整備を施し、お互いが攻守を補える強い組織としていく所存です。

当社もまだまだと言いつつも、徐々に評価いただける集団となって参りました。
しかし気を抜かず、これからもお客様に安心して頂けるように様々な武器=ストロングポイントを持って、対応させて頂きます。
今期もよろしくお願い申し上げます。

8月のMVP受賞者発表

あっと言う間に9月が終わり、今年も残すところあと3ヶ月になりました。
(年々時の早さを実感するのは歳のせいでしょうか・・・)
残り3ヶ月、悔いのないよう充実した日々を過ごしていきたいですね。

さて、PAT本社は10月から受付がハロウィンになりました!!
天井から吊るしているこのガーランドがお気に入りです!

image1

本社のある渋谷では、ところどころでハロウィンイベントがあるので
今年はどんな仮装をした人に会えるかちょっぴり楽しみでもあります・・(笑)

*******************************************
それでは、早速MVPの発表へとうつりましょう!!
見事MVPを受賞したのは・・・
U20530成松さんです!!!!!
以下、推薦者大下のコメントです。

『成松さんは私の知り合いの紹介でPATへ登録に来て頂きました。
成松さんは現在、大手通販会社の倉庫で勤務をしています。
作業時間も割と長い業務のため、男の人でも弱音を吐く人が多い現場にも関わらず欠勤・遅刻・早退もなくクライアントからも信頼が厚いスタッフです。
残業も発生する現場なので一日が長いにも関わらず嫌な顔をせず勤務をしてくれます。
休日は、しっかり休めているのかな。。。

日々の勤怠表も仕事前に送ってもらったりと私たちも助けて頂いており、いつもありがとうございます!
そんな成松さんですが、最近足の手術を行ないました。
現在は回復してきましたが、まだ本調子ではないので頑張ってしまう成松さんを見ていると無理をしないか心配になります。
これからも色々頼ってしまうことがあるかと思いますが、迷惑をかけない様に私たちも頑張りますので、これからも宜しくお願いします。』

SP:「見えてきたもの」

第13期も残りわずか。
今期の結果を分析し、来期の行動計画を組み立てる幹部合宿がこの8月に行われました。

SPは「見えてきたもの」

非常に厳しい結果となった第12期の実績と中身を踏まえ、
今期のスローガンである、「プロであれ!!」を念頭に、プロフェッショナルとして
何が足らないのかを考え、行動した今期でしたが、その結果を整理して、2日間
みっちり議論されました。

毎年、社員他スタッフ全員の現状を、お互いの部署が報告しあい
次はどう進めていくか意見交換をしていきます。
その中で今年は、ひとつのポイントが浮かび上がりました。
それは、コミュニケーションの場が増えて、お互いの状況を
意見しあい、間違った方向性や、行動が見られた時に
お互いのコミュニケーションで、方向修正していることでした。

これは非常に大事な事でした。

仕事は、一人では絶対に完結しないと常日頃から指摘してきた
事が、ここに来てようやく浸透してきたことでもありました。
そのコミュニケーションの和の中では、会話の方向性を導く者、
フォローする者、反論し会話を活性化する者が居て、答えを
出していくようになっていました。
但し、先ばかりみていては、足元の問題をおろそかにしがちです。
我々幹部がその両方を見て、「シメて」いかねばなりません。

1年先、5年先、10年先を見据えた行動を取っていくために
お互いが何をしなければならないかを理解し、声を出し
形にして、それがどれだけの効果があったのかを確認し
次につなげる。今期は良い流れを作ることができたと今回の合宿で
それを認識することができました。

その流れを活かして、第14期は更に先を見据えた行動を取って参ります。
第13期はありがとうございました。
第14期もよろしくお願いします。

以上

合宿写真