Monthly Archives: 12月 2019

SP:「風化させてはならない意識」

今回のSPは「風化させてはならない意識」

PAT本社、総務人事課では、防災備蓄備品の管理を定期的に行っています。
備品の内容は、ヘルメット、手袋、ロープ、携帯ライト、ラジオや非常食、毛布、非常用トイレ軍手など様々です。特に非常食は賞味期限の確認などの管理が必要ですし、新入社員が増えれば、その分の追加購入も必要です。
こうした防災への取り組みは、2011年3月に起きた東日本大震災からスタートしました。正直に言うと、それまでは形式上の認識しかありませんでした。しかしあの日、自分達にとって様々な形で降りかかった災害。とても形式だけでは済まされない事として、防災とはどれだけ大事なのかを我々は認識することになります。

本社には現在25名の職員がおります。一都3県の各地から皆出勤しています。あの日のような事がもし起きた場合、インフラや交通網が復旧するまでの間、どれだけの備えが必要なのか、定期的に確認し必要であれば注意を促す。仕事に追われると忘れがちなことです。

そして、先日の大型台風の襲来。日本全国に多大な爪痕を残しました。この時も、こういった防災に対する意識を改めて高めることになりました。

PATの本社がある渋谷は、再開発が急速に進み、高層ビルがみるみる立ち並び、少し前の景色が今日はまったく変わっている状況です。そんな中で大きな災害が起きた時の事を想像すると、とても不安です。この備えは、こういった不安を少しでも払拭するためでもあります。

何もないに越したことはありませんが、何もしなければ、あの時しっかり準備しておけばということになるのです。
PATの防災担当を始め、本社の総務人事課は、そうならないために、大事な備蓄備品をしっかり管理しています。教訓としての経験は、そして気持ちは風化させてはなりません。我々は、様々な視点での安心を担保できる存在として意識を持ち続け、行動していきます。

MVP受賞者発表!!

日が短くなり1日があっという間に感じます。
いよいよ冬将軍到来の季節となりましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。
来年2020年は東京オリンピック・パラリンピックイヤーですね、
ラグビーのW杯が開催されたこともありスポーツ熱が上がって来ているように感じます。自分も運動をしたい気分になりますが、寒さで身体も縮こまっていることと思いますので、勢いで傷めてしまわないよう、スポーツも仕事も、そして年末の大掃除も、始める前にはストレッチなどをして身体を緩めてから臨もうと思います。
心も身体も環境も整え、元気に2020年へ走り込みましょう!

それでは、MVP受賞者の発表へと移ります。
今回、見事MVPに選ばれたのは!!

22279 渕本 さんです。
以下、推薦者 田山からのコメントです。

板橋区にある手帳工場で、短期レギュラーとして、昨年、今年と2年続けて「磨き」という仕上がった手帳の小口(手帳の断面部分)に色を塗る作業をする工程で勤務をしてくれている22279渕本さんです。

今回選んだ理由は「仕事との向き合い方」で、渕本さんから多くを学ばされたからです。
通常、こちらからお願いして経験者の方に同じ工程に入っていただく事が多いのですが、渕本さんの場合は、昨年「磨き」に入り、そこでの自身の反省やもう少しこうやっていれば良かったなどの課題を挙げ、もし可能であればまた「磨き」でやらせてほしい。今年こそは「磨きを極めたい」と自ら希望を言ってきてくれました。
昨年、現場から好評価をいただいていましたが、今年も更に出来ることが増え色々任せられることが多くなり、昨年以上に非常に助かったとクライアントから評価をいただきました。

お酒が好きな渕本さん。最近酔いやすくなったとのことで、仕事のある平日は基本飲まず飲むのは仕事に影響ない週末のみという徹底ぶり。
仕事との向き合い方などストイックな姿勢は自分も見習わないといけないなと思わされます。

年齢関係なく年下の私など、誰に対しても腰が低く丁寧な対応をしてくれるので、渕本さんを慕っている人も多くいます。

そんな渕本さん、もう既に来年に向けて渕本さんへの指名が来ています。是非来年も「磨き」でお願いしたいと思います!