Monthly Archives: 11月 2011

勤労感謝の日(2011.11.18)

11/23は【勤労感謝の日】です。

国民の休日に関する法律によれば、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを
趣旨としています。

お仕事を頑張っていらっしゃる方・家事を忙しくしてらっしゃる方に
「ありがとう」を伝える日でもあります。

ご自分もお仕事をされていても、
お互いに感謝し合えるのは素敵な事ですね。

ぜひ皆さんもこれを機に、
日頃なかなか言えない「ありがとう」を伝えてみてはいかがでしょうか。

今年も残り50日をきりました。
暖かい秋でしたが最近は急に冬の気候です。
体調を崩さないようスタッフの皆さんもお仕事頑張って下さい。

そして、改めて、いつもありがとうございます!

SP:株式会社アイデム御中(2011.11.02)

今回のSP紹介は、株式会社アイデム様です!

折込やイーアイデムでこちらの募集記事を見られた人も多いかと思います。
今回のご紹介は、いつも募集広告を作成・掲載して頂いている
アイデムの営業マン河手さんに登場していただきます。

とても誠実で、またいつも分かり易く媒体の使い方・説明などをしてくれる河手さんに
営業で心がけている事をお聞きしました。

SPは【初心忘れべからず】

—————————————–

河手さんより・・・

仕事を進める上で、常に心がけている事として、
「初心を忘れず」をモットーに業務にあたっています。
長年、同じ業務に携わっていますとつい忘れてしまいがちなのですが、
新人の頃に初めてお客様からご注文を頂けた時の広告を掲載後に、
「良い人が採用できた」と感謝の声を頂けた時の
達成感などを常に忘れないように心がけています。

お客様と接する上では、
良い意味での「フレッシュな感覚」を持ち続けて、
感動や喜びを共有出来ればと考えております。

—————————————

話を聞かせていただいて、
初心を忘れずに、またお客様の立場にも立っていると言う事がよく伝わってくると感じました。
また、同じ気持ちを共有することで、
同じ感覚で採用活動に足を踏み込むと言う一体化を目指している事がよく分かります。

そのように良い意味での慣れも必要ですが、
更に初心を忘れないようにし、
同じスタイルで接すると言う事はとても大切だと自分も感じます。

お陰様でアイデムさんからの出会いも多くなっていて、
実際アイデムさんから応募されて当社で働かれている現スタッフの方も
かなりの人数になっていると思います。

当社もスタッフやクライアントの方々と接する時には、
気持ちや思考を共有し、
一体感を持ちながらも出会った頃の気持と感謝を忘れずに、
これからも仕事をさせていただきたいと思います。

10月のMVP発表!!(2011.11.01)

10月のMVP受賞者の発表です!!!

推薦者鈴木(俊)のコメントです↓

先月号はPAT初の10000番台MVPに登場してもらいましたが、
ベテラン勢も負けていません!

今回のMVPはU6769長谷さんです!

長谷さんは、今年の春まで戸田にある物流センターにて
梱包・検品作業をしていました。
こちらはスポットスタッフが中心の現場でしたが、
クライアントからの指名があり
半固定的にお仕事をしてもらっていました。

そんな長谷さんですが、
今年の初夏よりPAT本社の内勤業務を手伝って頂いています。
現場での評価が高かったが故に、
クライアントにお許しを請って社内に来てもらいました・・・。

とは言え、当然ですが物流センターとオフィス内では作業内容が大きく異なります。
(※社内で行う業務はスタッフやクライアントとの電話/メール対応や
PCへのデータ入力などがあります)

しかし、長谷さんは短い期間で仕事を着々と覚え、
社内にやって来てからまだ半年も経ちませんが
すっかり「居てくれなくては困る」存在になっています。

どうして新しい仕事を短期間で習得できたか?

私が考える一つの要因は、長谷さんの「積極性」にあると思います。
例えば電話応対。長谷さんは会社に電話がかかってくると
ほぼワンコールで電話を取ります。
細かな話法や連絡相手ごとの対応は実践を重ねる事で上達します。
誰よりも早く電話に出て、
長谷さんは仕事を覚えるチャンスをどんどん自分で掴み取っていました。

今回は電話応対を例に挙げましたが、
この例に限らず自分から積極的に動く事は仕事を覚えられたり
一緒に働く人に顔を覚えてもらえたり、
自分にプラスに働く事が多くあるかと思います。

失敗を恐れず、少しの勇気で行動すれば自分を変えられる、
とまで言ったら言い過ぎかも知れませんが
私は長谷さんからは積極性の大切さを学びました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これからも一緒にPATを社内から盛り上げて行きましょう!