Monthly Archives: 9月 2012

厚生年金保険の保険料率改定

平成24年9月分から【厚生年金保険】の【保険料率】が改定されるので
お知らせ致します。

厚生年金保険の保険料率は、平成29年9月まで、
毎年改定される事になっています。

今回改定された厚生年金保険の保険料率は
「平成24年9月分(平成24年10月納付分)から
平成25年8月分(平成25年9月納付分)まで」の
保険料を計算する際の基礎となります。

詳細は下記をご参照下さい↓↓↓

ryogaku_23_09_01-03.pdf

ryogaku_23_09_01-04.pdf

SP:株式会社プレシャスパートナーズ御中(2012.09.02)

今回のSP紹介は、株式会社プレシャスパートナーズ様です。

営業の椎野さんには、いつも当社の募集関連(主にバイトル)で
ご協力していただいております。

新規営業もされている椎野さんですが、
当社にもテレアポから営業されての御縁となりました。

まだ2年目ですが、70社ほど担当を持ち
殆ど毎月予算達成の凄腕です。

今回はその秘訣などもお聞きしようと思いました。

ちなみに第一印象は若そうだけど一生懸命やってくれそう・・・でした。

そんな椎野さんのSPは・・・
【お客様を好きになる】です。

早速その椎野さんにお越しいただきお話を聞きました。

梅ヶ枝:まず新規客先獲得のテレアポは1日何件やってますか?辛くならないですか?

椎野さん:多い時で1日130件程です。その重要性を理解しているので辛くないです。
それよりもお客様の期待に応えられない場合の方が辛いです。

梅ヶ枝:そうですか。では2年目で役割ややり方などだいぶ変わってきましたか?

椎野さん:最初のうちは言われた事を100%やるのが評価。
しかし今ではいかに自分の事を他人に発信するかに重きをおいています。
社内に新人も入ってきて教える立場にもなってきました。

梅ヶ枝:ですよね。会社にいると段々役割も変わってくるものだと思います。
ちなみに営業として取引先に心がけている事はありますか?

椎野さん:まず常にレスポンスをよくしたいと思っています。
そして会社の方針でもある、お客様を好きになる→知る→
お客様の為になる事をしていく事がとても重要だと思っています。

梅ヶ枝:お客様を好きになると、それをお客様も感じてくれますよね。同感です。

お客様の為に考え、行動することで売上は後からついてくる・・・
業界は違えど考えるべき事は一緒だと感じました。
それにはまずお客様を好きになると言う事が大事であると、椎野さんの話でリンクされてきます。

少し自分も最近考えが煮詰まっていましたが、
他の前向きな話を聞くと、またお客様の為になる事を!
と気持を再確認出来ました。

最後に、いつもお中元・お歳暮をいただいたり
心遣いありがとうございます。

 

㈱プレシャスパートナーズ 椎野様

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月度MVP発表!!(2012.09.01)

8月度のMVP受賞者の発表です!!!!!

MVPに選ばれたのは・・・

「お台場合衆国スタッフ」の皆さんです!

以下、推薦者田山のコメントです。

『今年は期間中、約100人のスタッフが勤務をし
汗を流しながら頑張ってくれました。

松尾君、金子君、三好君、神戸君、中野君、吉田さん
荒川さん、野垣さん・・・

名前をあげたらきりがなく、期間中の皆の頑張りを考えると
やはり1人には絞りきれませんでした。

全国各地で『熱中症』が頻発する暑い中、
水分補給など各自がしっかり対策をして、
また、毎日海水浴の帰りかと思ってしまうぐらいの全身の疲労感が
あったと思いますが、体調管理を行い、休まず遅刻もせず
やりきってくれました。

体力的な事もありますが、何より【責任感】【やりきる】という
強い気持ちを皆が持っていたからこそだと思います。

毎朝集合時間の20分前には、だいたいのスタッフが
集まっていたことからもそれが感じられます。

何というやる気!!!

各ブースに振り分けられても、
各持ち場でしっかりと役目を果たしてくれました。

物販スタッフとは自分は直接現場で関われませんでしたが、
休憩に入るタイミングがとれないぐらいに混み合った店内で
途切れぬお客様の対応をしたりと先方からの評価も頂いていました。

また、誘導スタッフは1日中外での業務なので
灼熱の太陽を浴びて、真っ黒焦げになりながらやっていました。

とても暑く、険しい顔になってしまってもおかしくない厳しい環境の中でも
ちびっこ達には常に笑顔を振りまき、優しく接していました。

また、雨が降った後の滑り台の水拭き作業では
ちびっこ達を待たせまいと予定した再開時間より
常に早い時間で頑張って拭き作業を終わらしてくれました。

どちらも来場者を楽しませようと精力的に動いてくれ
まさに『イベントスタッフの鏡』でした!!

自分自身素晴らしいスタッフ達と過ごせたこの1ヵ月半は
とても充実した日々だったので
スタッフ皆も同じようにこう思ってくれたのではないでしょうか。

2012年は「東京スカイツリー開業」でも「ロンドン五輪」でもなく
『お台場合衆国』だったと・・・!!

ん?!
2年前にも同じような言葉を言ったような・・・

これでお台場合衆国は終わってしまいますが
この経験を糧に今後とも頑張って下さい!

この1ヶ月半ありがとうございました!

 

DSC_0030