Monthly Archives: 3月 2013

君の居場所はここにある(2013.03.13)

震災から2年、各報道局で被災地の復興状況などが報道され
改めて考えさせられた方も多いと思いますが、
新聞にてこんな記事を読んだので簡単にご紹介します。

*****************************

「あの日、岩手・宮城・福島の被災3県で生まれた子どもに
名前を刻んだ椅子を贈るプロジェクトを続けている
元北海道副知事。

2006年から北海道東川町などで、
新生児へのお祝いとして名前入りの椅子を贈る活動をしてきたが、
『震災の日に生まれ、我が子の誕生日をひっそりと祝う事になる
父親母親を勇気づけたい』と3県の子どもにも贈る事にした。

椅子には、【君の居場所はここにある。生まれてくれてありがとう】
と書いた手紙も添えた。

元北海道副知事は、『震災の日に被災地で生まれた子どもたちは
希望そのもの。たくましく育ってほしい』と話す」

*****************************

自分が生まれた日に何があったか、
まだ2歳の子どもには理解出来ないけど、
いつか知る時が必ずきます。

厳しい状況の中、生まれたばかりの自分を必死で守り抜いて
育ててくれた両親への感謝の思いは、
強く大きなものであるに違いありません。

毎日に感謝して、私達も強く生きていきましょう!

one for all,all for one!!

笑顔の力!!(2013.03.08)

暖かく過ごしやすい気候になりました!
休憩をしに外に出て浴びた春風が
とっても気持ちよかったです。
リフレッシュ出来ました!

先日、MVPの原稿を作成していて、
過去に受賞されたスタッフ達を
何気なく見ていたら・・・
1つ気づいた事がありました。

皆さんいい”笑顔”の方が多い!

そんな皆さんを見ていると、
こちらまで笑顔になってきて・・・

“笑顔”って周りに伝染するんだなぁと改めて思いました。

なので、毎日毎日ため息ついて、ブスッとした暗い顔で
仕事をしている人がいる職場と、

毎日毎日笑顔で、明るくハキハキした人がいる職場、
皆さんどちらで働きたいか一目瞭然です。

確かに、四六時中、笑顔を絶やさずいる事は出来ませんが、
笑顔でいると脳がリラックスして、緊張している時より
良い仕事が出来るそうです。

ただ、面白おかしくって笑ってるのではなくて、
口角あげた明るい表情も立派な笑顔。

誰にでも辛い時、悲しい時はあると思います。
そんな落ち込んでいる時に、
下を向くのはとても簡単な事です。
そしてどんどん辛く悲しくなるばかり。

辛い時、悲しい時ほど顔上げて、
笑顔でいる事が出来る人は、
器も大きくかっこ良いと思いませんか。

辛い事も無くなっていく気がします。

もうすぐ4月、新年度スタートです。
忙しいと自然と無表情になりがちですが、
誰もが持っている”笑顔の力”をフルに活用して、
イキイキした毎日を過ごしていきましょう!

2月のMVP受賞者の発表!!(2013.03.01)

2月のMVPを発表します!

見事MVPに選ばれたのは・・・
U7966中尾さんです!!!

以下、推薦者藤倉のコメントです。

「内勤でスタッフの手配をするようになり
早いもので約半年ほどが経ちました。
最初は沢山のスタッフの名前を覚えるのも
一苦労でしたが、仕事をしていくうちに
自然と覚えていくものですね。

そのスタッフにはレギュラーとして
固定の勤務先で頑張っている方と
色々な現場で働き、頑張っている方達がいます。

スタッフの手配を始め、名前を覚えていくと、
この人はこの現場でレギュラーとして頑張っているな、
この人はあっちの現場でも見たぞ!と
それぞれのスタッフが大体どこの現場で
お仕事を頑張っているかもわかってきます。

今回のMVPは、その中でも色々な現場へ行き、
お仕事を頑張り、そして先方からの評価も
非常に高いU7966中尾さんを選ばせて頂きました。

先月は特に色々な現場で活躍してもらい、
この季節によく発生する移転のお仕事、
1年の中でもかなりの繁忙期である印刷物のお仕事と、
休む暇もないくらいの働きでした。

先方からの評価も非常に高く、
「いつも来ているあのスタッフをお願します」と
指名を受ける現場もあります。

先月は特に移転と印刷物のお仕事の忙しさが
ちょうど重なる時期なので、
こちらのお仕事の打診を快く引き受けてくれて
かなり助けられました。

ただ困る事もあり、中尾さんは1人しかいないので
仕事が重なった時にどちらで頑張ってもらうかという
贅沢な悩みも出てきてしまいます。

先月は特に多くのリクエストを聞いていただき
ありがとうございました!

これからも本当に本当によろしくお願いします!」