Monthly Archives: 5月 2015

SP:改善

2月に上半期を終え、これからの下半期を目標に向かってどう戦っていくか
幹部合宿を行いました。

そこで話し合われたのは、目標に対してどう進めていくかが大きな議題でしたが
その中で一番課題となったのが今回のSPです。

今回のSPは「改善」

合宿の事前に、全従業員に対し、普段の業務においての
様々な問題点を挙げてもらいました。
そしてそれがなぜ問題なのか、何か改善方法はあるか、
実業務に限らず組織の事など全てにおいてです。

目的は何か?

業務、組織の問題点の解決なくしては目標に近づくことができないからです。

挙がってきた問題点は、人材サービス事業部、子育て支援事業部合わせて
100近くなり、内容も本当に様々でした。

個々が身近に感じている問題点である為、
早期に解決しなければならないことではありますが、しかし、その多くが

・業務における知識を深める事や、周囲との連携やコミュニケーションを
更に取り合って相互理解を得る事
・ルールを知り、守務継続する事
・会社組織としての視点から生まれる問題点と、個人レベルでの問題点が交合している為、
会社の方向性や意向を理解する事
・中長期的に計画性をもって進めていくべき事項として進める

で解決できる事でした。
自分中心の『たぶん~~だろう』や『自分は苦手だから』などという個人的な行動をとると、
問題でなかったものが問題になります。

そして、目の前の業務に追われ、流されてしまう。
仕事をただこなすだけでは解決しません。
一つ一つの業務には意味があって今のベースがあります。
その意味を理解していないがゆえに、またそこから問題が生まれます。
知っている人が知らない人に、気付かない人にしっかり教えられる組織を作る事が必要です。

今回の合宿で、このたくさんの問題を漏らすことなく読みきり
改善方法を出し合い、合宿終了後、即日全社に配布し実施できる事は実施して、
問題点を改善させるよう進めています。

この件で、色々な事が分かりました。
そして一番気付いた事は、
お互いが何に躓いているのかを日々の中で見つけ、気付き、
早く解消しなければならないということです。

一つ一つ解決していく為に、まず自分が行動して結果を出す!!
そして、これで終わりでなく、日々良くして行く為の努力を惜しまず目標に向かって頑張ります!!

attachment00

4月のMVP受賞者発表!!

スタッフの皆さんこんにちは。
初夏の陽気が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
5月の連休も暑くなりそうです。
お仕事の方もお休みの方も病気や怪我なくお過ごし下さいね!

それでは4月のMVP発表へとうつりましょう!!
見事MVPに選ばれたのは・・・
U14758鈴木さんとU2935島脇さんです。
以下、推薦者松尾のコメントです。

「今回の受賞者は、板橋物流センターにて勤務する鈴木さんと島脇さんです。
二人とも女性レギュラーとして現場で大活躍している方達です。

鈴木さんと島脇さんはストア商品を各店舗へ出荷する際の『最後の要』となる
検品作業を主に担当しています。
比較的男性が多い職場ではありますが、その中でも二人は男性に負けず劣らず
重要な部署で活躍している頼もしい存在です。

今回、私が鈴木さんと島脇さんをMVPに選んだ理由は【心配り】が素晴らしい点です。
鈴木さんは特に女性の新人スタッフへの気遣いが素晴らしく、
男性の私では目の届かない部分にも女性ならではの視点で
現場でのフォローやスタッフへの注意喚起メールの内容を提案してくれました。

寒い日に薄着で勤務していた新人女性スタッフに自らの防寒着を貸してあげるなど
鈴木さんの心配りには本当に頭が下がります。

また、先日自分が職場に出向いた際は、お手本のようなしっかりとした挨拶と、
テキパキと作業を進める姿がとても印象的で頼もしく感じました。

続いて島脇さんですが、島脇さんはリーダーからも『検品の鬼』と一目置かれる存在ですが(笑)
本当はとっても優しい方です。
実は私松尾自身もスタッフの頃に同職場で大変お世話になりました。
特に東日本大震災直後には物量が跳ね上がり、連日遅くまで残業が続く状況の中で
島脇さんも相当疲れているはずなのに、作業中や休憩中に優しく声をかけてもらい
本当に感動しました。

もちろん仕事なので作業中は厳しい時もありますが、たまに見せる可愛らしさが魅力的です。
まさにギャップ!
これから夏に向けて職場は忙しくなるとは思いますが、
引き続きお二人の強みである【心配り】で現場を支えていって下さい!
新たなる女性検品レギュラーが増えるよう私も頑張って手配していきます!」

島脇さん

写真は島脇さんです!いつもありがとうございます!!
鈴木さん、次回はぜひ撮影させてくださいね。
島脇さん、鈴木さん、今後ともよろしくお願い致します!