Monthly Archives: 1月 2016

SP:教えられる側から、教える側へ

PAT本社では10月より、現場で活躍していた登録スタッフを内勤スタッフとして3名迎え入れました。

今回のSPは「教えられる側から、教える側へ」

PAT本社の人材管理課、いわゆる「手配班」の人達は自分の担当である客先の現場を中心に、
日々登録スタッフの面接から手配、就業後のフォローアップを細かく進めています。

会社でのやりとりだけなく、必要であれば現場に赴き現場の生の声も聞き、今どのような状況かをその目で確認しながら対応しています。

PATも現場が更に増えて、自分の担当現場の対応では手配だけでなく、事務処理や入力業務もあり、自分の手の中で、回しきれなくなってきた為、幹部会議で協議し、社内の人員増強を図る事としました。

それは幹部が人選するのではなく、そうです、困っている各自が「現場で自分が見つけてくる」、これです(笑

しかし、これがものすごく重要です。
自分で見つけ、仕事を教えて育て、決して自己満足でなく、客先や、スタッフに認めてもらうようにPATの方向性や様々な意味合いを踏まえて教育していかねばならないのです。

「自分が、そうされてきたように。」

もう2ヶ月が経ちましたが、新たに増えた内勤スタッフたちも、鍛えられてきたようです。
内勤スタッフたちが育ってくれるのは、とてもうれしいことですが、以前は教えられていた立場の人間が今度は教える側に立って成長していくことがもっとうれしいです。

先日の業務フロー勉強会もこういうことに繋がってくる。
ひとつひとつ意味合いを理解していきます。
知らない事を知っていく、今までにない感情や気づきをもつようになっていく、業務だけでなく、会社の方向性だったり、たくさんの「意味」など。

これが成長なのだと思います。そうして、1人でできないことが組織でできるようになってくる。
この気持ちを忘れずにしっかり対応してまいります。

attachment00

≪10月より本社で活躍している永野さん(左)と中村さん(右)≫

12月のMVP受賞者発表!!

明けましてあめでとうございます!
本年もパットコーポレーションに関わる全ての方々が
笑顔で溢れるようより一層の努力をしてまいります。
どうぞ宜しくお願い致します!

それでは早速、昨年12月のMVPを受賞したスタッフの方をご紹介します!!
期待の大型新人であるU18306備藤さんです!!!!!

以下、推薦者室井のコメントです。

***********************************************

彼は、浦和物流センターにてリフトマンとして、午前は入庫の検品及び入庫品の各階への振り分け、午後は、出荷品の搬送・トラックからリフトでの荷降ろしと朝早くから日々頑張ってくれています。

1日中リフトに乗っている中、リフトの操作・走行に対して、常に高い意識をもって運転しています。
その結果、ここ3~4ヶ月、【品質事故は0 !!】
走行時の商品の落下もほとんど無く、素晴らしい活躍をしてくれています。

まだ新人スタッフの位置づけではあるため、先輩達から改善や指導があるわけですが、必ず『○○さん、ありがとうございます!』と元気よく感謝の意思を表します。これは中々できるものではありません。

こうしたことから、PATスタッフだけでなく、クライアントや他の派遣スタッフからも、備藤ワールドにハマっているファンも大勢います。他人の心を掴む!!なかなかできません!!

新しい業務を覚えるのに少々時間がかかりますが、まだ入社6ヶ月の大型(身体も)新人に期待してます!!!

**************************************************

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

≪フォークリフトに乗る備藤さん≫

これからもよろしくお願いします!