前回に引き続き、安全対策における内容をお届けします。

【作業中の報告・連絡・相談(ホウレンソウ)はとても重要!】
機械は物品の異常や破損などを見つけた時点で、
すぐに現場リーダーや社員に報告しましょう!

≪情報の共有≫をして詳細を把握しておくことがとても重要です。
2度、3度と同じミスを繰り返すことのないように、
連絡事項はきちんと聞きましょう。

また、現在の作業や進行状況は勝手に判断してはいけません。
常に現場リーダーや管理社員に相談し、指示を仰ぎましょう。
自分の仕事はみんなの仕事に連動しています!

【〔急ぐ作業〕は禁止です!】
「早く」と「急ぐ」は違います。

早くこなす作業とはテキパキと敏速に速やかに進め、
ミスのない正確な作業をいいます。

急いでこなす作業とは「急を要する」ので、
必ずミスやトラブルに繋がってしまいます。

急いで焦った結果、引き起こす「破損」や「ケガ」は、
未然に防げるものです。
何よりも、その意識が大切です。

「急ぐ」のではなく、「早く」を心がけましょう!

万が一、何か起きた場合には現場のプロである、
≪PAT現場管理社員≫に申し出て下さい。

≪みんなで作ろう!元気よく気持ちよく安全に働ける環境を!≫