6月は結婚式がとても多いですね。

やはり「ジューンブライド」の影響でしょうか?

「ジューンブライド」とは
『6月に結婚した花嫁は幸せになれる!!』
と言うヨーロッパからの言い伝えです。

その由来はいくつかあって

(1)6月のJune (ジューン)
という月名が
ローマ神話の結婚をつかさどる女神Juno(ジューノ)からきている為、
婚姻と女性の権利を守るこの女神の月に結婚すれば
きっと花嫁は幸せになるだろうとあやかっている説。

(2)昔ヨーロッパでは3・4・5月の3ヵ月間は
結婚することが禁止されていて、
6月は結婚が解禁になる月であった為、
6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、
周りの人達からの祝福が最も多い月だったとする説。

(3)ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく、
良い天気が続く為、はつらつとした季節の始まりは
“若者の季節”と呼ばれ、季節的環境がベストな月であった。
加えて復活祭も行われる時期であることから、
ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、
6月の花嫁は幸せになれるとする説。

などがあります。

しかし!
日本では、6月と言えばちょうど梅雨の時期・・・
今年も関東地方は平年より6日遅れて梅雨入りしました。

それでも6月の結婚式が高い人気を集めているようなので、
多くの方達に信じられている言い伝えのようです!!