師走の風物詩ともなっている《新語・流行語大賞》で、
選考委員特別賞に選ばれた言葉をご存知でしょうか?

早稲田大学野球部の主将である斎藤佑樹選手が、
50年ぶりとなる早稲田・慶応両校による優勝決定戦で
42度目の優勝を果たし、その試合の後に言ったこの言葉です。

「何か持っていると言われ続けてきました。
今日何を持っているか確信しました。

・・・それは仲間です。」

斎藤選手が自分で持っていると確信した物は、
才能でも運でもなく、仲間だった。

私はこの言葉が、仲間を大切にしよう、仲間に感謝しよう
と改めて思い直すきっかけになりました。

嬉しい時は喜びを分かち合い、辛い時は支え合う。

皆さんにもきっと職場や学校に素晴らしい仲間達がいる事でしょう。

縁あって出会った仲間達を、いつまでも大切にしたいですね!

************************

*今月の受付はもちろんクリスマスです☆

2010120816150000

 

なぜかクリスマスは特別(?)で、
いつもよりもたくさんの飾り付けで盛り上がっているPAT本社。

少しづつご紹介していきたいと思います!