今回のSP紹介は株式会社八広社(ハッコウシャ)の
敏腕営業マン、北原さんです!

NEC_0223

 

↑愛娘を抱きながら、花粉症に耐える北原さん。

北原さんは、北海道から沖縄までカバーする凄腕営業マン。
離職率の非常に高いこちらの業界において、
入社9年は完全なベテランの域です。

その北原さんのSPとは・・・

【距離感】

その神髄は・・・?!

対談させていただいて同じ営業として気になった言葉が
いくつも出てきました。

①小さな単価でも全力を尽くす!

お金をいただいてお仕事をさせていただいている!と言う謙虚な姿勢と、
次の受注に必ず繋げる!と言う意識の高さがよく見れます。

②折れてナンボ、叩かれてナンボ!

心に響きます。

北原さん、家庭でも学校でも厳しく育てられたと言う事で、
打たれるのは慣れているとの事。
慣れていると言うのは微妙な表現だと思いますが、
社会人としていちいち挫けていては仕事になりません。

挫折するような事があっても、
それを糧にして先に進んでこそ仕事のスキルUPに繋がると思います。

また時に叩かれる勇気を持っていないと仕事は上手く行きません!

そしてスキルをあげた後、必要な事は・・・

ついにこの言葉にたどり着きます。

③距離感

お客様との距離感を大切にし、
お客様のニーズに応える事が最も大切だと北原さんは言います。
例えば最初にお客様が世間話が好きならそれに合わせる、
硬いお客様なら仕事の話だけに留める事が肝心との事。

要は空気を読むと言う事でしょうか。

あっ、いつもバカ話に付き合っていただきありがとうございます!

最後に営業をやっていて良かった事は何ですか?と聞くと

④お客様に学び、お客様と仲良くなれる事です!

との事。なんでもお客様から洋服をもらったり、
家を買った時にはクーラーをもらったりしたそうです。

・・・!?凄すぎです!!

ちなみに震災当日は愛娘の事を思い、
会社から自宅まで3時間以上かけて歩いて帰られたそうです!

対談させていただいて、
終いには北原さんはまさに営業の鏡ではないだろうか・・・と思いました。

仕事も家族も大事にする北原さん・・・
これからもPATの事をよろしくお願いします!