今回のSPは、
サンテックサービス株式会社
和光センター様です。
http://www5.plala.or.jp/santec/

昨年10月にご紹介した同社で一拠点である同センターは
某製薬メーカーの商品販促物を管理されています。

ご紹介したいのは、同センター佐藤部長です。

(実はサンテックサービスの社長様も佐藤性、
北上尾にある物流センターの部長様も佐藤部長で以前、
意を決して社長のご親族か伺ったところ・・・違いました)

SPは【一生懸命】

PATに依頼を頂いたのは
センター内での商品検品と梱包発送です。

物流コスト圧縮の為、新しい流通経路を獲得し、
それに伴い業務フローも一新。

新しいラインも組み入れ、その作業員の配置の為、
同社上尾センター福田部長からのご紹介を頂き稼働となりました。

さっそく現場を拝見したいと申し入れたところ、
佐藤部長からも見に来て欲しいとの事で
飛んでいきました。

挨拶もそこそこに到着後、すぐに現場視察。

佐藤部長は、商品が入荷されるところから
説明や現場案内をして頂いたのですが、
その説明が良い意味で細かい!
そして熱い!

どんどんどんどん、熱い現場案内は進み、
商品が出荷されるところまで行きついてしまいました。

そしてその勢いで、今度は別フロアに行き、
スタッフが作業するであろう内容の
前工程まで説明して頂きました。

これから自分が作業するのではと
錯覚するほどの熱の入りぶり!

ここまできっちり説明、案内して頂けるなら
作業するスタッフは安心だろう、とこちらも安心。

その一生懸命さはスタッフに心を伝える大事な要素。

ちなみに、その日、実は東日本大震災があった当日でした。
ちょうどそこに居合わせた私は、
ものすごい揺れの中、懸命に作業員を誘導する
サンテックの方々の動きに圧倒されました。

「とんでもない日に来ちゃったね。
でもこれも何かの縁だよ。
これからもよろしく!」

と声をかけて頂き、
自分としては忘れられない一日となったのです。

その一生懸命さに我々もスタッフも
一所懸命に応えていきたいと思います。

まだまだ我々もこれからですが、
よろしくお願いします!