3月28日に労働者派遣法の改正が成立、
本施行は今秋となりますが、
それに伴い人材ビジネス業界は岐路に立ち
新たな方向に向かわんとしています。

今回の制定で、登録型派遣と製造業派遣の原則禁止は
削除されたものの、
30日以内の日雇派遣は禁止されるなど、
以前の改正内容からは緩和されつつも
安定した雇用確保を主眼に置いた成立内容となりました。

今回のストロングポイントは
【誠心誠意】

現在法改正成立後の行方は、
日雇派遣禁止の例外規定や専ら派遣のグループ企業の範囲基準等に
注視されていますが、
実際の現場サイド、お客様の声は、
今までの業務フローを法改正に沿い、
どう変えていくのか?
スタッフの確保は?
波動の対応は可能なのか?
どういった方法があるのか?です。

業務請負、人材紹介、31日以上の派遣契約など
様々な取り組み方がありますが、
お客様が何を求めんとしているのかをしっかり我々が聞いて、
現場~お客様、スタッフに極力負担がかからない最良の方法を、
一番良い方法を『提案』していかねばなりません。

しかしそれは、もっとお客様、スタッフの中に入り込み
諸問題を解決していかねばならないのです。
それにはスタッフとお客様自身の協力が不可欠です。

PATでは、派遣対応の中でも現場リーダーを配置し、
お客様の声を現場に落としつつ、
スタッフのケアフォローを行う形態を取ってまいりました。

もし業務請負に転換するとなった場合にはこれは非常に有効です。

今迄通り、PATはお客様の声にスピーディに対応し
スタッフと一丸となって対応する姿勢は変わりません。

情報共有を共にし、『誠心誠意』で
現場の困った事をクリアにしていく事を主眼に、
良い現場作りをこれからも作ってまいります。

どんどんご相談下さい!
これからもよろしくお願い申し上げます。