PATでは、スタッフの社内対応強化を図っており
その内勤業務では社員他、登録されているスタッフにも
お手伝い頂いています。

そこで、内勤で初めてPATに出社した際に
まず教えてもらう事。
それは、電話でのやり取りについて。

今回のSPは、その『電話対応』です。

PATではお仕事のご案内をほぼ8割~9割方を
モバイルサイトからの申し込みやメールでの
やり取りに終始しています。

しかし、お仕事をご案内する上で
ここは直接話がしたい!と思う事や、
大事な伝達事項などは電話で確認をとるようにしています。

そこで、内勤のスタッフに、
電話対応の際に必ず徹底させている事がいくつかあります。

その中の1つが
「相手の名前を復唱する」

スタッフとの連絡のやりとりは時間との勝負でもあります。
特に当日仕事に入っている日なら尚更。

スタッフは限られた貴重な休憩時間などを使って
電話をしてきてくれています。
その貴重なタイミングを逃すとまた数時間は
連絡が取れなくなってしまいます。

担当者が他の電話に出ていても
社内で大きな声で電話をかけてきてくれた
相手の名前を復唱すれば、

「あ、自分宛の電話だ」と分かり、
電話中でも、その電話を切ってでも電話に出て
そのスタッフと話す行動が取れるのです。

限られた時間の中で、限られたマンパワーで
効率を上げるために生まれたちょっとしたルールです。

だけど、そのちょっとした事が大きな効果を生み出す事が
たくさんあります。

スタッフの貴重な時間を無駄にしないよう
次の仕事にしっかりつながるコミュニケーションが
とれるようにこれからも対応してまいります。