今回のストロングポイントは
お客様にも、スタッフにも非常に関わり合いのある
各現場ごとの担当についてお話します。

ストロングポイントは【連携】

PAT本社でお客様からのご依頼に
スタッフの手配をしているお客様毎の担当がいます。

営業、担当、サブ担当の構成となっており
昨年の後半まで大まかな役割を各自持っていましたが、
昨年暮れにこの体制を確立し、
お客様毎に各担当を割り当てました。

営業が出払っていても、
手配の事は担当、サブ担当が対応する。
担当、サブ担当は現場にいなくても
現場の状況や雰囲気を掴む為に早速各現場の作業を体験しつつ、
先方担当者様にコンタクトを取っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

皆さんへの顔見せも進めています。
もう会いましたか?(笑

但し、現在PATとお取引させて頂いているお客様は
100社を超えています。

PATはまだ100人も社員がおりませんので
現在の手配スタッフが各所兼任しています。

この兼任がポイントです。

会社にはよく営業が課や係で分かれていて
コミュニケーションがとれていない事が往々としてあります。

PATのこの構成は、各自が各お客様の各担当をも兼任しているので
各現場間の状況や情報のやりとりが非常にスムーズです。

「こっちでこの日くらいから増員がありそうだ。」

「こっちの仕事がこの日で終わる。あのスタッフが空くので
通勤可能な現場情報ないか?」

「この現場でこういう事故があった。」

「この現場で事故防止をこうしている。」

などなど・・・

このやりとりがPAT自信のチームワークの源であり
【連携】を生むのです。

せっかく登録したスタッフ
せっかくお近づきになったお客様

を切らせない為に、
安心してお仕事をご案内出来るように、
この【連携】を途切れさせない為に、
現場に行きますので、その時は、あの・・・お手柔らかに!(笑
現場の事を色々教えて下さい!

今後ともよろしくお願いします!