PATでは、4月より社内の情報共有強化の為、
社内SNS(ソーシャルネットワークサービス)
「Talknote」を全社導入しました。

今回のSPは、【情報共有の「強化」】

今まで、社内の伝達手段はメールが中心でした。
もしくは、プリントアウトしたものを回覧です。

情報の共有の最大のポイントは、
「相手にしっかり(意図が)伝わったかどうか」です。

メールは、返信がなければ読んだかわかりません。
ましてや紙などは、本人がそこにいなければ
把握する術もありません。

そこで、昨年の7月から、
他に何か情報伝達や確認する術、
欲しい回答をすぐもらえるようなツールはないかと
検討を始めたのがこの社内SNSです。

SNSはフェイスブックや、Twitter、Lineなど
社会的に浸透した、インターネットを活用したツールですが、
その波状効果たるや、皆さんご存知の通りです。

これを社内専用に構築されたのが社内SNSで、
現在ではたくさんのサービスが存在しています。

この10ヵ月の間、無料版の試用を進め、
数社と比較検討し、
「TalkNote」の導入に至りました。

導入の決め手は、「シンプルで分かりやすい」点です。
且つ、ファイルアップロードなどの社用として
必要な機能を網羅しています。

まだまだ、機能更新を続けてらっしゃるようですが、
ユーザーの意見も取り入れていただけるような
「お問い合わせ」的なインターフェイスが
常時使用する画面上に備えられていて
何かあればすぐ質問を投げかけられるようになっています。

機能については長くなるので、詳しくはWebで(笑

logo_black

PATの人材サービス事業では、たくさんの現場に
スタッフを管理する社員が常駐しています。

また、子育て事業である「キラキラキッズナーサリー」では
保育スタッフがシフト制で勤務しています。

本社と現場、スタッフのシフト間で、
会社の方向性であったり、他現場の情報であったり、
今日あった事、今日決まった事をリアルタイムに発信し、
情報を受け取った事を確認出来るツールは、
今の企業にはなくしてならないものです。

そしてそれが、本社からだけでなく、
現場からの情報が、会社の方向性を変える、決める
可能性を多く秘めています。

その情報を共有する事を強化していかなければ
私達は進んで行く事が出来ないのです。

この「TalkNote」はそれを提供してくれています。

4月から導入を開始した結果はまずまず(笑)

先日、長女が誕生した社員が我が子の写真を投稿し、
そのお祝いコメントを他社員が書き込むなど、
嬉しい展開もあったり。

但し、私達はこういったツールに甘んじてはいけない事も
言葉で伝わる大事さも忘れてはいけません。

この両方を充実させ、
更なるサービスを提供してまいります!!