前回のストロングポイントでご案内した通り、
PATは今、繁忙期の真っ只中です。

派遣、請負、捉えどころは違えども、日々、
手配人数のレコード更新を連発!!
毎日の朝礼でも、その発表がされて
社内は大いに盛り上がっています。

今回のSPは【意味ある記録】

我々はその手配した人数を、
一つの目標としています。
会社の、組織の一員である以上、
我々は結果を追い求めなければ
売上を上げなければいけません。

その売上の中身は、お客様から依頼に精一杯
応えて得られたものです。
その手配した人数は、あくまで目標ではありますが、
その人数、一人一人を手配した経緯があります。

その人を面接し、採用し、希望を聞き、
希望に沿う現場に就業させる。
お客様から依頼のあった作業に沿うスタッフを人選し、
現場に向かってもらう。

どういう人なのか、自分の目で見て、現場で評価を聞いて。
どういう現場なのか、自分の目で見て、お客様にヒアリングして。
その一つ一つの行動や言動の積み重ねで記録が生まれています。
その記録は、現場のリーダーやスタッフの協力あってのものとして
私たちは感謝の気持ちを忘れてはいけません。

あ、私たちは感謝される存在になると約束したのに
また相手に感謝していますね(苦笑
けど、本当に感謝しています。

業務を流れるようにスムーズにこなさなければ効率が上がらず、
数字は上がりません。
けど、業務は流せども、流してはいけない問題や、
感謝や、次に繋がる事が業務の中にたくさんあります。

私たちはその一つ一つの意味をしっかり噛み砕いて、
記録を生み出し、目標を達成させなければならないのです。
意味のない記録は「たまたま」そうなっただけで、
次に繋がりません。

一つ一つの対応を大事にし、
感謝してもらえる存在になり、
これからも新たな記録を生み出せるよう頑張ります!!