PATでは、この1月は登録スタッフの来社がたくさんあります。
何故かと言うと、源泉徴収票の受取りや、
本年度の扶養控除申告書を提出したりなどのやり取りが発生するからです。

PAT本社は渋谷にありますが、稼働している現場は各所に散らばっているので、
登録スタッフがPAT本社に訪れるという事は、一年を通してなかなかありません。

そこで今回のSPは
【協力して、チャンスを逃さない】
この「協力して」が、ミソです。

この登録スタッフの来社シーズンでは先述の通り、
レギュラーで就業しているスタッフも平日毎日勤務をしているので
本社にくる事もありません。
スポットで作業しているスタッフなら尚更です。
そんなスタッフ達と、会話したり、コミュニケーションが直で取れる
またとない『チャンス』なのです。

このSPでも何度か述べさせて頂いたかと思いますが
やはり「電話」と「直」では違います。

現場担当や営業は現場で会う機会もありますが
手配担当はその機会はそれほど多くありません。
現場に行けば作業中でなかなか話せないこともしばしばです。

こういった機会=チャンスを絶対逃してはいけないのです。
だから社内では、登録スタッフが来たらすぐ帰してしまうのでなく、
協力し合って出来るだけ声をかけます。
自分の担当する現場でなければ、その現場の手配担当を呼んで
書類を渡したり。

先をどう考えているか、現場で困っている事はないかとか、
電話では聞けない現場のレアな情報など
本社のエントランスでここぞとばかりに話し込みます。

attachment00
当たり前ですが、こういった事って本当に大事なんです。
こういう小さなコミュニケーションの積み重ねが、
ここまでPATを作ってきたのだと、担当ひとりひとりが実感しているからです。

逆に中には、日頃の感謝と言って、差し入れを持ってきてくれるスタッフもいたり
恐縮至極です。

一歩一歩着実に。
こういう機会も無駄にせず、また新しいチャンスを活かします!!
これからもよろしくお願いします!!