2月に上半期を終え、これからの下半期を目標に向かってどう戦っていくか
幹部合宿を行いました。

そこで話し合われたのは、目標に対してどう進めていくかが大きな議題でしたが
その中で一番課題となったのが今回のSPです。

今回のSPは「改善」

合宿の事前に、全従業員に対し、普段の業務においての
様々な問題点を挙げてもらいました。
そしてそれがなぜ問題なのか、何か改善方法はあるか、
実業務に限らず組織の事など全てにおいてです。

目的は何か?

業務、組織の問題点の解決なくしては目標に近づくことができないからです。

挙がってきた問題点は、人材サービス事業部、子育て支援事業部合わせて
100近くなり、内容も本当に様々でした。

個々が身近に感じている問題点である為、
早期に解決しなければならないことではありますが、しかし、その多くが

・業務における知識を深める事や、周囲との連携やコミュニケーションを
更に取り合って相互理解を得る事
・ルールを知り、守務継続する事
・会社組織としての視点から生まれる問題点と、個人レベルでの問題点が交合している為、
会社の方向性や意向を理解する事
・中長期的に計画性をもって進めていくべき事項として進める

で解決できる事でした。
自分中心の『たぶん~~だろう』や『自分は苦手だから』などという個人的な行動をとると、
問題でなかったものが問題になります。

そして、目の前の業務に追われ、流されてしまう。
仕事をただこなすだけでは解決しません。
一つ一つの業務には意味があって今のベースがあります。
その意味を理解していないがゆえに、またそこから問題が生まれます。
知っている人が知らない人に、気付かない人にしっかり教えられる組織を作る事が必要です。

今回の合宿で、このたくさんの問題を漏らすことなく読みきり
改善方法を出し合い、合宿終了後、即日全社に配布し実施できる事は実施して、
問題点を改善させるよう進めています。

この件で、色々な事が分かりました。
そして一番気付いた事は、
お互いが何に躓いているのかを日々の中で見つけ、気付き、
早く解消しなければならないということです。

一つ一つ解決していく為に、まず自分が行動して結果を出す!!
そして、これで終わりでなく、日々良くして行く為の努力を惜しまず目標に向かって頑張ります!!

attachment00