9月6日(日)、PATでは「PAT従業員総会2015」が開催されました。

PAT2015_0025s

今回のSPは【問題を置き去りにしない】

昨年の期の区切りは10周年と言う事もあり、クライアント様や現場で頑張ってくれているリーダーや
従業員の家族も招待して盛大に記念式典を行いました。

毎年、この期の区切りは、設立記念集会を行い、
従業員が全員参加して当期の労を労わっておりましたが、
今期から前期の出来事を振り返り、そして実績を分析、
当期の目標に向けて如何に行動していくかを従業員全員で共有する為に
この従業員総会を実施することにしました。

この総会では前期、「PATWAY」をしっかり理解し、行動に移し、結果を出したスタッフを
幹部が厳選して表彰しました。
前回の記念式典に負けず劣らず笑いアリ涙アリで進行しました。

そして会の最後に、代表の尾崎から来期のスローガンが発表されました。
それは前期と同じく「ありがとう」の溢れる会社にしようでした。

前年対比としては、僅かではあるが上回ったものの
目標に対しては達成することができなかった、
その要因は、感謝される存在となる意識が足らなかった、
普通なら前期の反省をしつつ、新しいスローガンを掲げて
新しい目標に向かっていく、のですが達成できなかった問題や要因を置き去りにしたまま
次の事に手をつけるようなことはできない、それをしてしまっては「PATWAY」にある
「一歩一歩着実に前に向かって進んでいく」ことに反してしまうからです。

これが全員で感じられていれば目標は絶対に達成できる!

派遣法改正やマイナンバー導入など様々な対応が必要とされる中で
私達はこのことを決してブレることなくこのスローガンで、
皆様に感謝される存在となるよう突き進んでまいります。

今期もどうぞよろしくお願い申し上げます。