皆さんこんにちは。
今回のSPは、1人でも多く応募者に来場してもらう為の対応についてお話します。

SP:【面接は生もの】

PATは、本社は渋谷ですが、募集している登録スタッフの面接場所はいろんな場所で対応しています。
様々な募集媒体で、お客様からの依頼内容に基づいた募集記事を掲載しています。

掲載記事を見て応募があった方からの希望就業先の就業形態などを細かく確認して面接予約を承ります。
面接予約を承ってから日数が経つ場合は、必ず前日に予定に変更がないか、応募者に電話にて確認しています。

面接場所では面接官が、面接予約者数と来場者の確認を行います。
ここで面接官は、来場者数を本社に報告します。
そして面接した後の面接結果をその場で本社に報告し、早ければ本社担当は採否結果を当日に応募者に行います。

手配状況によっては、この面接の結果次第で当日の先方への対応が大きく変わることがあります。
手配及び採用担当は、この結果に大きく一喜一憂します。

このやり取りは、この場でも以前ご紹介した「トークノート」という社内SNS(ソーシャルネットワークサービス)を使用しています。
リアルタイムで面接状況の確認が1対多でできるので、ここでも大活躍です。

我々にとって、面接は「生もの」なので、活きた情報が必要です。
そしてよく吟味(コミュニケーション)し、いち早く、新鮮で確実な情報をお客様に届けることが我々の使命です。

また採用となったスタッフにお客様とのやり取りの結果をしっかり伝えて、安心して就業してもらえるように、取り計らうのも我々の使命です。

それを100%満足して頂くことは、とても大変なことですが、お客様、応募者のニーズをすり合せ、その100%に近づける大事なポイントは、やはりこの「情報をスピーディーに活かす」という事に尽きます。

この応募者の来場までの対応については、移りゆくニーズや、ツールによって、まだまだ創意工夫が必要です。
更に(細かい)工夫を凝らして、もっと皆さんに喜んで頂けるような対応をしていきます。