当社は第12期上半期が2月で終了し、下半期に突入しました。
そして、上半期の現状を踏まえ、下半期をどう戦っていくか、今年も各部署の責任者が集まり、泊りがけで集中して話し合いが行われました。

それが今回のSP、「幹部合宿」です。

半期の境と、期の境に行われるこの幹部合宿は、話す内容も、より凝縮され、そして以前より時間がかからなくなりました。その分、会議参加者は、より内容の濃い会議内容に目が血走っていますが(苦笑

人材サービス事業部では、営業、現場、スタッフ管理の各部署と管理本部からの現状報告と問題点、そしてそれを解消する為の改善案が挙げられました。
上半期の結果は、満足には程遠い内容でしたが、結果は結果として真摯に全員が受け止め、今回で通算4度目となり、4度目ということもありそして全員が共通の認識を持ち、何が問題で、どうすれば目標達成、問題解決の方向に同じベクトルが向くのかが会議という場では必要不可欠です。

そして、さらに一番大事なのは、この場で話し合った幹部のみがこの認識を持つのではなく、社員全員にこの認識を持たせ、会社全体の目標を、社員ひとりひとりが噛み砕き、自分の中に置換えられる分かりやすい目標を、持たせなければならないのです。

そして、ひとりひとりがこの目標に向かって邁進できるよう、組織体制も見直されました。その体制ももっとわかりやすくする為に、本社の席替えも同時に行われます。

この記事がアップされる頃には、もう既に席替えが行われていると思いますが、それまで席替えの内容は、公表されていません。多分全員がドキドキで公開を待っていることでしょう(笑

社員も1~2年勤めていれば、仕事も慣れてきて自分の立ち位置も見えてきます。
逆に周りのいいところも悪いところも見えてきます。
いい気になって調子に乗ってくる者もいれば、更に謙虚になって、こうじゃいけないとストイックになって溜め込む者もいます。

けど、そこをお互いが気付きあって、「おい、それ違うんじゃないか?」「それさ、おれはこう思うんだけど」
と、声をかけることで解消されることが山ほどあります。

会社の仕事は、ひとりでできることは何一つありません。
そして、会社の目標は全員の目標。
社員1人ひとりの現状とその先を見据えて、その結果がよい結果となるように、この幹部合宿があります。

折り返した第12期、全員で頑張ります!!

thumbnail

≪蓼科にある研修施設≫
真っ白な銀世界でした。