今回のストロングポイントは「協力と底力」

当社は今期も残りあと1ヵ月となりました。
このラストスパート、いわゆる「追い込み」の状況下で新規の取り組み客先が増えています。

当社は大企業ではありませんので、スタッフの手配や営業行動も、個々分担して行います。
しかし、新規客先や新規現場が増えるたびに限られた戦力で、お互いが協力して、兼任対応していかねばなりません。

ここ最近では、研修や人員配置を行い、計画的に進めて行っている大規模な物流センターへの対応や、地方のリゾートエリアでのイベントに伴うレストランスタッフ、某テレビ局のイベント参加など、多種多様な取り扱いが増えて、各担当は、スタッフの面接、手配、お客様の対応と、皆、頭から湯気が出ています(苦笑

MTG

一歩間違えば大混乱な状況の中でも、様々な情報共有ツールだったり、ミーティング等を行って、先に進めていきます。
本来ではありえないような事柄でも、すぐに判断し実行に移す指示が出たりします。

これは、お互いがどういう状況で、今どう行動しているを理解していないと、出来ません。
この協力体制がないと、また自分から進んで首を突っ込んでいく姿勢や目線がないと、PATの底力は出ません。
もちろん、個の力も必要です。

しかし協力しようという意識とそれを判断し指示する目が強い組織を作ります。
「我関せず」という考えをもった人間が1人でもいれば目標を達成することが出来ません。

2ヶ月後に、その結果が出ます。
お互いが協力し合い、感謝の気持ちにあふれて来期を迎えられるように進めてまいります!!

まだまだ戦いは続きます!!