4月1日を以て、新たに5名の仲間がPATに加わりました。
昨年同時期に現場管理社員として入社し、繁忙の為参加出来なかった1名を加え、計6名で今回も新入社員研修を実施しました。

今回のSPは、「自分の会社を知る」

新年度を迎え、キラキラキッズナーサリー代々木園配属が1名、下北沢園配属が3名、そして人材サービス事業部現場管理課配属の2名が研修を受講しました。
研修プログラムのコンセプトは「PATを知る事」。

第一部は、10周年の際に作成した、社史ムービー「PAT10年の軌跡」を鑑賞し、起業から14期目となる現在まで先輩たちがどのような歩みでここまできたのか、どんな思いで土台を築き上げてきたのかを6人は知ることになります。

そして基本理念、経営方針に、従業員全員で考えた行動指針が盛り込まれた「PATWAY」。
それを全員で読んだうえで、PATの社員となる上で意識しなければならない事を学びます。

第二部は、代表の尾﨑自らが講師となり、「会社が求める社員とは」をテーマに1時間ほど新入社員に向けて熱弁を振るいました。
その後、期の総締め括りである従業員総会での振り返り映像を鑑賞。社内の1年の流れを知り、講義は終了。
感想を聞いた各自からは、当たり前のように今ある環境やベースは、先輩たちが幾多の問題を乗り越えて築き上げてきた土台。今度はそれを自分たちが理解し、活かし、次に繋げて行かなければならないという言葉を聞く事ができました。

そしてキラキラキッズナーサリー配属のスタッフからは、大事な命を預かる仕事だということ、そして現場管理課に配属のスタッフからはスタッフを管理しつつ、仕事を完遂する為の意識をしっかり持たなければならないという事を確認できました。

自分がいる会社を知り、役割をしっかり認識し、そこで自分の持ち味、強みを活かしていく、これもPATのストロングポイントです。
この思いを胸に、また同じ目標に向かっていける仲間が増えました。
今後に期待です!!

IMG_20180403_174335716

≪新入社員研修を受け、更にやる気に満ちた6名です!≫