新型肺炎コロナウィルスの感染拡大の勢いは衰えをみせず、依然として、各業界に甚大な影響を及ぼしています。
そんな状況でも、、、今回のSPは「自粛営業でもPATはPAT」

緊急事態宣言発令によって、PATでも出勤調整、リモートワーク、ソーシャルディスタンスを確保するための社内配置調整、人材サービス事業部では面接室の配置調整、そして今ではWeb面接を導入するなど、近接しない環境で対応できることを模索しながら、クライアント、クルーの対応に奔走しています。

人材サービス事業部では、緊急事態宣言が発令されても、主要取引先の事業である、物流は止まりません。クライアント担当者様との会話や対応を聞いていると、物流を止めたら、経済が止まるという心意気が伝わってきます。現場で作業している方々、もちろんPATのクルーも含め、我々の生活を繋いでくれていると思うと、本当に頭が下がります。

子育て支援事業部では、キラキラキッズナーサリー代々木園は、区の方針に沿い、4/13(月)より緊急事態宣言発令期間は臨時休園となりました。キラキラキッズナーサリー下北沢園も、必要最低限の登園児の保育のみ。園内の徹底した衛生確保、密を極力避けた保育に尽力しています。どのような状況でも、大切なお子様を預かることに、こういう状況だからという妥協は許されず、その姿勢と意識を保つキラキラキッズナーサリーの職員はPATの誇りです。

その意識を我々はしっかり受け止めて、出勤者が減っても、業務フローが通常通りに進まなくても、何とか稼働を途切れさせないように、はいつくばってでも、進めています。立場は違えども、弱み強みをしっかり共有して、今は耐え忍んで、全員で乗り切り小さい成果や喜びをおろそかにしない。

自粛営業でも、PATのこの根幹は揺るぎません。ブレずに、このような状況の中でも、しっかり皆さんの声にこたえていきます。

ですが、まずは!!手洗い!!うがい!!密を避ける!!
できることからしっかりと、皆で協力して、感染防止を徹底していきましょう!!