Yearly Archives: 2020

MVP受賞者発表!!

早いもので、もう師走となりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年は例年とは異なることも多かったと思いますが、締め括りの月を、
笑顔で終わることができるようにして行きましょう。

それでは、MVP受賞者の発表へと移ります。
今回、見事にMVPに選ばれたのは!!長田さんです。以下、推薦者 財務経理課 山崎からのコメントです。
***************************************************************************

今回私がMVPに推薦する方は、長田さんです。
長田さんは千葉の物流センターにて活躍されており、その現場だけでなく、他の現場で非常に評判良く大活躍されています。

私は元PATクルーですが、ある現場で一緒に働かせて頂いてことがあります。その節はとてもお世話になりました。
そんな長田さんでも、入ってきた当初は仕事に自信があまり無さそうでした。ところが、久しぶりに私が現場で会ったとき、他のクルーの皆さんをグイグイ引っ張っていく、そんなリーダーシップを発揮していて、とても感動しました。
私は現在、本社で経理課に所属し、クルーの皆さんの給与計算や振り込みを担当しています。毎日各現場から勤怠表が送られてくるのですが、長田さん、土曜日出勤や、残業も進んで取り組んでおられるのがわかります。
コロナの関係で、現場での物量が減ってしまったりと、安定せず色々大変な時期ではありますが、今後も頼もしい長田さんに期待しています。
お体に気をつけて、今後とも宜しくお願いします。

SP:「創意工夫」

毎年行われるPAT従業員総会は、コロナ禍の影響により、今年は開催されない旨を前回のSPでお伝えさせて頂いておりましたが、
第16期のスローガン「できっこないを、やらなくちゃ!」を胸に一年間戦った者たちの中から、今回も各賞の受賞者が発表されました。

今回のSPは、「創意工夫」

9月から始まる弊社の期は、10月の消費増税、同一労働同一賃金、そして新型コロナウイルスと、非常に大きな出来事がありました。そんな中でも、しっかりと成長し、成果をだし、チームに貢献した者たちが受賞しました。

毎年従業員総会で行われるこの表彰式では、感極まって大粒の涙を流す受賞者もいます。それは、受賞した人も、その人が所属しているチームも、みんなが喜び、感動する素晴らしい瞬間です。

今回は残念ながら、全従業員での表彰式はできませんでしたが、各チームで趣向を凝らし、笑顔に包まれた表彰式を行ったようです。

第17期が始まり、新しいスタートは既に切られています。まだまだ様々な困難な状況が予想されますが創意工夫を凝らし、個々が常に高い目標をもち、感謝され、評価される存在になるように、今年も、PATは全員で進んで参ります。

MVP受賞者発表!!

空も澄み渡り、紅葉も色鮮やかになり、空気の気持ち良い季節となります。
マスク必須の日々はまだ続きそうですが、周りに人がいない場所などでは
マスクを外して、深呼吸で心身ともにリフレッシュしてくださいね。

それでは、MVP受賞者の発表へと移ります。
今回、見事にMVPに選ばれたのは!!高松さん、サイプさん、太田さんの3名です。以下、推薦者 太田からのコメントです。
***************************************************************************

今回私がMVPに選出させて頂いたのは、高松さん、サイプさん、太田さんの高校生3名です。

PATでは、高校生が就業出来る現場がさいたま市、野田市の2ヶ所あります。
そのうちの1つ、さいたま市の物流センターで3名とも戦力としてお仕事をして頂いています。

高松さんは、1年以上お仕事をして頂いていますが欠勤、遅刻ゼロ!!
新人クルーの初回勤務での現場待ち合わせや現場案内にご協力頂き大変感謝しています。
サイプさん太田さんも一生懸命に仕事に取り組み、18歳になったらデバンをやりたい!!と前向きな姿勢を見せてくれています。

3名とも、とても素直で同じ現場の先輩達からとても可愛がられています。
高校生だからこその軽いフットワークで今後共現場を盛り上げていって下さい。
そして、学業と仕事の両立、頑張って下さいね。

気温差が激しくなって体調を崩す人が多くなっています。体調管理に気をつけてこれからも宜しくお願いします。

SP:「We Can Do It!~私たちはできる!」

弊社は8月が決算月のため、8月29日(土)、本社会議室にて第16期実績報告及び第17期事業計画発表会を行いました。
毎年開催しておりましたPAT従業員総会が、新型コロナウイルスによる感染予防の観点から、今回は開催中止としたため、参加は役職者のみとしました。

今回のSPは、「We Can Do It!~私たちはできる!」。

第16期は、「働き方改革」と「新型コロナウィルス感染拡大」という二つの大きな壁による試練の年であったといえます。

上期は、10月の「消費税増税」の駆け込み需要、そして増税後においても沢山の依頼を受け、大変ありがたいことに売上は毎月のように月間記録を更新するほどの勢いがありました。年明けには働き方改革に伴う派遣法改正、同一労働同一賃金施行に向けて、情報収集と分析に日々奔走、収集した情報を出し合い、提案しあい、精査し、形にしてきました。そして、法改正の内容を隅々まで把握し、クライアントに理解を求め、出来る限り円滑な取引継続を進めました。
そして下期、今までと性質がまったく異なった壁が現れます。「新型コロナウィルスの感染拡大」です。
緊急事態宣言が発令される程の状況となりましたが、PATのクライアントは物流企業が多く、物流は絶対に止めない=経済活動を滞らせない為に自粛規制がかからなかった傾向がありました。しかしそれでもその他の業種では依頼が激減しました。
そのような状況下でも、我々はその都度知恵を出し合い、あきらめず、問題に正面から向き合い、この大きな壁を乗り越えてきました。それは、我々だけでなく、クライアント、クルーの皆様の協力あっての結果であり、感謝してやみません。第17期、先行きはまだ見えない事が多く、手探りで進めなければならないこともたくさんあります。第16期の動向と結果を加味し、情報を鑑みて、第17期の事業計画の発表されましたが、第16期で取り組んだこと、姿勢、意気があれば、どんなことも乗り越えられると信じています。

そして、第17期のスローガンは
「We Can Do It!~私たちはできる!」です。
不安に怯えてばかりでは何も始まりません。私達はできる!と、自分そしてチームを信じ、事業計画のもとに、この難局をみんなで力を合わせて乗り越えていこう‼という意志のもとに17期は取り組んでまいります。

さて、今回の第16期実績報告及び第17期事業計画発表会、参加した役職者は、部下達に発表会の内容を理解できるように、かみ砕いて落とし込んでいかなければなりません。今回参加した役職者は会社の方向性、行動の意味をより理解することができたよい機会となり、会社としても有意義な報告会でした。

私たちはできる!この信念を基に、第17期も進んで参ります。
よろしくお願い申しあげます。

  




第17期スローガン!!
第16期実績報告及び
第17期事業計画発表会

MVP受賞者発表!!

暑さも落ち着き、爽やかな季節が訪れますね。月夜も綺麗です。
季節の変わり目、体調も不安定になり易くなりますので、秋の夜長とはいえ十分に睡眠をとって、健やかに過ごしましょう。

それでは、MVP受賞者の発表へと移ります。
今回、見事にMVPに選ばれたのは!!吉田さんです。
以下、推薦者 中山からのコメントです。
***************************************************************************

今回私がMVPに推薦する方は吉田さんです。
吉田さんは週5日、岩槻と浦和2つの現場で活躍されています!

岩槻の現場は、立ち上げ当初から活躍してくれています。業務をミスなく完璧に遂行し、さらには新人クルーの待ち合わせや現場案内も積極的に行ってくれます。いつも本当に助かっています。ありがとうございます!

また、浦和の現場でも、仕事に対する姿勢が実直でとても素敵だというお話をPAT管理社員のみんなから伺いました。
浦和で、デバンのある日は吉田さんにお願いしたいと指名があるほど頼りにされている存在です!

吉田さんは、メールの返信やシフト提出がとても早いためスムーズにお仕事のやり取りができるところもありがたいです。

これから秋へ向かい、季節の変わり目になりますので、気温差に気をつけて過ごしてください。
今後とも、宜しくお願いします。

SP:「感謝されるためのPDCA」

7/30~8/1の3日間、PATでは第16期下半期幹部合宿を行いました。

今回のSPは「感謝されるためのPDCA」

コロナ禍ではありますが、会議室も充分な喚起と常時マスク着用、ソーシャルディスタンスを保ちながら、感染防止対策をしっかりとっての実施となりました。何より、このような状況下だからこそ、今期の反省、来期の行動計画の確認はいつも以上に必要で、幹部全員が同じ認識を持って会議に臨みました。

人材サービス事業部の取引先は、物流企業や流通加工、工場が多く、緊急事態宣言下でも稼働している現場が多くありました。物流が止まれば、自粛中で在宅している家庭にも多大な影響を及ぼすこととなり、医療、その他ライフラインで活動されている企業や現場の方々と同じように、我々も「切らさないように」、応援の意味合いも強く、そのモチベーションを保つ意味も含め、社内ではリモートワークや時差出勤、感染防止の為の遮蔽性の高いアクリルパネルの設置など、その時考えうるできることを行いクライアントからの要望、クルーへの紹介を進めました。

そういった、今までになかった取り組みや、新しい試みに対してはそこで生まれた数字や結果で、次に生かすために何が良くて、何が悪かったか、何が大事で、何が足りなかったのかをしっかり検証して、次に活かすことが重要です。
このコロナ禍では、そういったことを検証して話し合う機会をも奪われる状況でしたので、この幹部合宿はいつも以上に有意義でありました。

その検証の結果、状況をしっかり把握して、なにをすべきが明確になり、来期の行動計画を立てることができました。

まだまだこの状況は続くと予想されます。我々はその中で、求められるものに対し、計画を立て、実行し、結果を検証し、また行動する。PDCAをしっかり行って、あらゆる状況に立ち向かい、第17期も進んで参ります。
PATに関わる全ての方に、ありがとうと感謝されるために。

MVP受賞者発表!!

残暑お見舞い申し上げます。
今年は、いつもとは違う夏を皆さん過ごされたことと思います。
感染予防や、熱中症対策、お疲れ様です。
距離が十分に確保できる場所では、マスクを外して少しでもホッとしたりリラックスしたり出来る時間を作ってくださいね。
薬膳では、今旬の梨や、大根、レンコンなどの“白い食べ物”が肺を潤すので良いとされています。意識的に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは、MVP受賞者の発表へと移ります。
今回、見事にMVPに選ばれたのは!!志田さんです。
以下、推薦者 戸澤からのコメントです。
***************************************************************************

今回私がMVPに推薦する方は志田さんです。
志田さんは、PATクルーへ登録して間もないですが、川口の物流センターで点呼係として大活躍しています!
現場でも志田さんの存在感は大きく、先方のリーダーや当社クルーともコミュニケーションを大切にしている姿に感動しました!
先日現場へ訪問した際に、実際に点呼をとっている様子を見させてもらいましたが、大人数での現場にも関わらず、ほとんどのPATクルーの顔と名前を覚えており、挨拶など積極的に取り組んでいる姿が見れました。
この現場は、多い時で1日40名以上が入る現場なのですが、普段から皆さんとのコミュニケーションを大切にしているからこそ取れる行動だと感じました。
点呼係をお願いする前も、新人の方が勤務する際の案内も志田さんが勤務している時は真っ先に頼ってしまい、連日お願いする様な状況でも快く協力いただき本当に助かります。
また、報告・連絡が徹底されており、安心して点呼係を任せられます!
いつも本当にありがとうございます!
まだまだ暑い日が続きますが、熱中症に気を付けてください。
今後も助けてもらうことが多々あるかと思いますが、志田さんに頼ってばかりではなく頼りにされるように力をつけていきますので、今後ともよろしくお願いします!!