Monthly Archives: 4月 2020

SP:「意見交換会」

第16期も折り返しを迎え、下半期に入りました。その区切りとして今年も上期幹部合宿が実施されました。

SPは「意見交換会」

今回の幹部合宿は、新型肺炎コロナウイルス感染の影響もあり、若干の懸念事項もありましたが、会場宿泊先となったマホロバマインズ三浦の配慮もあって、無事に開催する事ができました。

上期に行う幹部合宿は、上半期の振り返りと下半期の方向性の再確認、来期に向けた準備の詰めを行う目的で開かれます。
中でも今回は、4月に派遣法改正迎える直前の幹部合宿ということで、取り上げられる内容のほとんどに、必ず絡んでくる「同一労働同一賃金」。これが大きなポイントになりました。

各クライアントの折衝についての感触や進捗状況、各同業他社の動向も情報を全てテーブルに出し、議論されました。
法施行直前ではありますが、まだまだ混迷を極める状況は、色々な方面で出ています。我々はブレず、絶えず様々な立場から最良の方法で、対応してまいります。

その中で、社内の状況に変化が現れた事が、議題の報告内容にありました。
今迄、各部署の問題点や改善点を、社員、サポーター一人一人から、「現場の声」として挙げさせて、一緒に挙がってきた改善案を基に、即解決させるための結論を出して、合宿後に各自へ落とし込んでいました。

それが今回、幹部合宿で話し合われた問題点と改善案が大幅に少なくなりました。
原因は、現在本社では、意見交換会という場が設けられており、各部署間での問題点を、部署間レベルで解消できることは、自分たちで答えを出すという
スタイルが取られるようになりました。幹部合宿にあげるまでもなく問題が解決されているのです。もちろん意見交換会での問題と解決方法は、各部署長が
確認し、承認しています。

このため、幹部合宿で費やされていた時間を別の議題に費やすことができました。
社内の取り組みに一定の効果が表れているというのは、管理する側としては非常にうれしい事です。

下半期、特に働き方改革関連の取り組み事項としては、各部署共に現場サイドとしても、すぐに対応を迫られたり、方向修正をしなければならないことが今後もたくさん出てくると思われます。この意見交換会が、社内外問わず、問題解決の大きな流れになるように、今後も進めてまいります。

MVP受賞者発表!!

本来ですと、お花見シーズンで日本中が華やぐ頃ですが、今年の春はコロナウィルスの影響により、オリンピック・パラリンピック開催延期も決定、私たちの行動も制限されるなどしていますね。犠牲になられた方々にはお悔やみ申し上げます、被害に合われている方々へはお見舞い申し上げますと共に、お身体、生活の早急な回復を心よりお祈りいたします。
収束までにはまだ時間を要する見込みとのこと、出来る限り早急に、皆さんの日常が戻りますよう願っております。
引き続き、手洗いうがい、こまめな水分補給、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動で免疫力UPをしましょう。
そして出来る限り“密”になる場所へ出向かないようにしましょう。
しかし、こんなときこそ、お風呂にゆっくり浸かったり、早朝に散歩をしたりなど、ストレス解消になるような時間を意識的に確保して、一緒に乗り切って行きましょう!

それでは、MVP受賞者の発表へと移ります。
見事、MVPに選ばれたのは、 吉田さんです。
以下、推薦者の松尾のコメントです。

**********************************************************************

今回のMVPは、板橋区にある物流センターで勤務する吉田さんです。
私が吉田さんを選出した理由は、「人望の厚さ」です。

このセンターではディスカウントストア商品を各店舗へ出荷しています。
ベルトコンベアに商品を流したり、流れてくる商品を台車へ振り分けたりする仕事がメインです。

吉田さんは、ボクシングで鍛えたフットワークで業務をテキパキとこなすとても頼もしい存在。
大学生なので普段は休みの日に勤務をしている様ですが、繁忙期には学校終わりの夕方に駆けつけてくれます。
その姿はまさに、遅れてやってくる「ヒーロー!」

さらに、現場では主に若手新人への指導を任せられ、その人望の厚さはリーダーから太鼓判を押されるレベル。
初めて働く職場では分からないことが多く、コミュニケーションも不安ですが、吉田さんは初勤務の方へマンツーマンでしっかりとフォローしてくれるのでとても安心です。

最近では生活必需品の出荷が増え、早出や残業が多くなる大変な時もありましたが、そんな中でも新人の方が、また働きたいと思うのは吉田さんをはじめとしたレギュラーのフォローがあるからです。
先日打ち合わせで現場を訪れた際も、始業準備中に皆に挨拶し、声を掛けている姿が印象的でした。
いつも本当にありがとうございます!

これから繁忙期に向けて更に新たな仲間が増えてくると思いますが、より一層頼れる存在として吉田さんが活躍することを期待しています!

引き続きよろしくお願いします。