SP:「意見交換会」

第16期も折り返しを迎え、下半期に入りました。その区切りとして今年も上期幹部合宿が実施されました。

SPは「意見交換会」

今回の幹部合宿は、新型肺炎コロナウイルス感染の影響もあり、若干の懸念事項もありましたが、会場宿泊先となったマホロバマインズ三浦の配慮もあって、無事に開催する事ができました。

上期に行う幹部合宿は、上半期の振り返りと下半期の方向性の再確認、来期に向けた準備の詰めを行う目的で開かれます。
中でも今回は、4月に派遣法改正迎える直前の幹部合宿ということで、取り上げられる内容のほとんどに、必ず絡んでくる「同一労働同一賃金」。これが大きなポイントになりました。

各クライアントの折衝についての感触や進捗状況、各同業他社の動向も情報を全てテーブルに出し、議論されました。
法施行直前ではありますが、まだまだ混迷を極める状況は、色々な方面で出ています。我々はブレず、絶えず様々な立場から最良の方法で、対応してまいります。

その中で、社内の状況に変化が現れた事が、議題の報告内容にありました。
今迄、各部署の問題点や改善点を、社員、サポーター一人一人から、「現場の声」として挙げさせて、一緒に挙がってきた改善案を基に、即解決させるための結論を出して、合宿後に各自へ落とし込んでいました。

それが今回、幹部合宿で話し合われた問題点と改善案が大幅に少なくなりました。
原因は、現在本社では、意見交換会という場が設けられており、各部署間での問題点を、部署間レベルで解消できることは、自分たちで答えを出すという
スタイルが取られるようになりました。幹部合宿にあげるまでもなく問題が解決されているのです。もちろん意見交換会での問題と解決方法は、各部署長が
確認し、承認しています。

このため、幹部合宿で費やされていた時間を別の議題に費やすことができました。
社内の取り組みに一定の効果が表れているというのは、管理する側としては非常にうれしい事です。

下半期、特に働き方改革関連の取り組み事項としては、各部署共に現場サイドとしても、すぐに対応を迫られたり、方向修正をしなければならないことが今後もたくさん出てくると思われます。この意見交換会が、社内外問わず、問題解決の大きな流れになるように、今後も進めてまいります。

SP:「パ-トナーという意識」

2020年のオリンピックイヤーも、今年は既に2か月が経ちます。
新型肺炎コロナウイルスの猛威により、お亡くなりになられた方々にはご冥福をお祈り申し上げます。また感染した患者の方のみならず、医療機関や関係各所で奔走される方々にも、一時も早く、安堵の時が訪れるよう祈るばかりです。
我々も、就業しているクルーの皆さんには、クルーサイトを通じて注意喚起を促しています。また就業先でも細心の注意を払って頂いている事と存じます。ご協力ありがとうございます。

さて、人材ビジネス業界において、大きく流れが変わるポイントを今年4月に迎えます。
そうです、働き方改革に伴う、派遣法改正です。

今回のSPは、「パ-トナーという意識」。

2年近く、この法改正に関する必要な整備について、進んでまいりましたが、法改正施行直前のこの段階において徐々に着地が見えてきています。労働条件を、派遣先の通常の労働者と均等均衡を図る方法と、一般賃金の基準に基づいて、派遣元の労使協定により確定する方法によって決定されるこの法改正は、我々の一存で定められるものでなく、クライアントとの密接なやり取りが必要です。現在各担当が、ほぼ毎日、クライアントの担当の方々と打合せしています。
国の方向性や様々な立場を、お互いがしっかり理解し答えを出していく。その為に我々は、お互いが「パートナー」として一緒に歩んでいけるかという思いを基に、お話をさせて頂きます。
もちろんビジネスですから、損得もあります。しかし、お客様が困っている事を解消したい、その為に我々の大切なクルーを提供させて頂く為に、どのような
考えを、クライアントがお持ちなのかをしっかり確認し、それに対して提案させて頂く。これが必要不可欠です。

今回の法改正では、現状と比べれば無理な対応を強いられることも出てきます。それでも今後を見据え、いつどこのタイミングかは、明確でないにせよ、お互いが有益であるように、ご理解いただけるように、お話しさせて頂いています。この気持ちを、クライアントの皆様にもお持ち頂けると信じています。中には、目先だけにしか注視できず、なかなかご理解頂けない場合もあります。どこかで妥協点を見いだせない場合もありますが、これは我々だけに限ったことではなく、同じ状況が日本全国で発生していると聞きます。

その時に、この将来を見越した「パートナー」として手を取り合っていけるかという思いが、道を定めてくれます。

我々は基本姿勢は、会社設立から15年、ずっと変わりません。この対応を進めている、全従業員が同じ思いです。その対応の結果が、感謝される存在になると信じて、進んで行きます。

SP:「PATの初詣」

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

「PATの初詣」

いよいよオリンピックイヤーとなる2020年の幕開けです。
そして今年は、4月に派遣法改正、パートタイム・有期雇用労働法の改正を始め、働き方改革の中枢実施の年でもあります。
激動の新年であるわけですが、その新年初日の営業日である1月6日(月)、本社従業員を中心に初詣に行きました。

激動の年だからというわけではなく、実はPATは毎年本社の氏神神社へ参拝に参ります。
毎年の第一営業日、年初朝礼の前に本社全員での参拝が恒例になっています。
昨年の感謝と、今年無事故、無病息災で良い結果が生まれるよう、充実した年であるよう祈願します。
特に今年は皆、お祈りの時間が長かったような…(汗

しかしまさに神頼みでもあるくらい、いろいろなことがこれから待ち構えているわけですが、その年初朝礼で代表の尾﨑から、「どんな業務も元気な心と体があってこそ最高のパフォーマンスが発揮できる。チーム内での強固な連携、そして各々の体調管理をしっかり行い、充実した1年を送りましょう!」という激励がありました。

人材サービス事業部は、昨年末から様々な数値記録を塗り替えるほどの破竹の勢いが続いています。子育て支援事業部は、年度末に向けての大きな行事や新年度の準備が大詰めを迎えます。そんな中、まずは心身を整えてこそという意味です。

勢いがあるときこそ足元をしっかり見て、忙しいときこそ一つ一つ丁寧に物事にあたる。個々が各々の役目をしっかり果たせるようにするには、そのことを忘れてはいけません。初詣で手を合わせるスタッフ一人一人の表情に今年も頑張るぞ!!という気持ちが感じられました。
この気持ちを途切れさせず、一年しっかり進んでまいります。

改めまして、今年もよろしくお願い申し上げます。

SP:「いつでも現場第一を忘れない」

毎年、12月に開催されるPATの忘年会。
今年は会社設立15周年という事もあって、屋形船で行われました。

SPは、「いつでも現場第一を忘れない」

PATは、期の切り替わりに従業員総会を毎年開催しています。そのきっかけは設立10周年記念パーティーでしたが、実はその前、PATは周年祝いを毎年屋形船で行っていました。
今回忘年会ではありましたが、実に5年ぶりの屋形船開催で大いに盛り上がりました。
それはそうです。最後に開催した時から従業員も増えております。

余興では、物まね芸人「ダンジ―」さんのショーや、これも久々でしたが全員でプレゼント交換も行いました。

そして今回はゲストとして、現場リーダーで活躍している太田さんと、飛澤さんの2名を招待しました。
飛澤さん、実は以前にも屋形船に参加していますので、これも5年ぶり。
太田さんも、久々でしたが現場管理社員から今は現場スタッフとして、しっかり現場を支えてくれています。

社長を始め、本部や本社のスタッフは二人と顔を合わせるのはものすごく久々でしたが、皆、人材管理課の担当からは、現場の大変さは常に情報として耳に入っていたので、すぐに会話に溶けこめ、皆からも、「久しぶりだな!おい!」「がんばってるらしいな!」「大変そうじゃないか、すこし痩せたんじゃ?」とか、色んな言葉がいっぺんに飛び交います。

いつでもどこでも同じ目線で会話ができる。困っている事を聞き出したり、提案したり、何か答えが生まれたり、、、これ、できそうで中々できないことです。PATのSP「現場第一」を感じた一瞬でした。この時、言葉に言い表せない、「なんか、いいな」」とその場にいた全員が感じた感覚、忘れてはいけない感覚です。

見てください、皆の笑顔。普段一生懸命に向き合ってなければ出ないこの笑顔です。
立場や状況、世状や体制が変わっても同じ仲間として、いつでも、同じ感覚で話ができるように、PATはいつまでも現場第一です!